2008年12月28日

大掃除はまだ

まだ、会議に出席したり来年度の仕事の打ち合わせで、動きまわっています。これが終わって、やっと大みそかをむかえます〜。

バートックはもうお休みに入っているので、ここの事務所も、人けがないので寒いでィィス。


posted by ジェイン at 22:22| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

純粋なものに魅かれる

なんか、欲徳ばかりで行動する人が多いなって感じて暗くなることが多いこの頃だったんだけど、銀座のガレリア・グラフィカbisで行われていた東 美名子さんの個展をみて、久し振りにすがすがしい気持ちになりました。

作品は暗闇の風景にぼんやり月が浮かんでいる作品など・・。作品の中に吸い込まれていきそうな感覚になるのは、わたしたちに取りついている計算みたいなものがまったく感じられないこと。ブラックボックスの闇の中をわたし自身入って行ってみたいって思わせる作品です。

強くはないエネルギーなんだけど、静かにゆったりと、ひきつけられるエネルギーは、不思議な感覚です。

そして・・

いいじゃんいいじゃん、ジェインも純粋に作品制作に取り組んでるアーティストを見つけるぞって、エネルギーの灯火が点火したぞ〜!。

自分とこのギャラリーじゃなくて、よその画廊からパワーをもらった年末は寂しいけど、うちもコンペで才能を開花してくれそうなアーティストとともに、頑張るぞ〜なんて(笑)〜。

posted by ジェイン at 20:22| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

惑わされないで!

たとえば、絵本の仕事にたずさわってない人が、「絵本の仕事の進め方はこうなんだよ」なんて他人にアドバイスしたらどうなるの。

知らないで、創造でものを言ってることでしょ!。

悩みをちょっとでもある人は、気持ちが病んでるから、そういうウソ話も信じちゃうときがあるんです。

そしてわたしのところに悩みを話しにくるわけ・・

そんなデマみたいなこと、信じちゃだめって言っても、どうしても気になっちゃうのよね!。

(なにせ、心が病気になって気弱になってるときだから・・)


仕事したことがない人が創造で物事を言っちゃう怖さってわかってるのかなぁ。

噂話を真実のように広めたり・・してること。噂話ばかり好きな人は、業界人はみんな警戒しますよ。

ジェインだって、そういう問題ばらまく人には近づきたくないもの。

おまけにそれが全部嘘だったらどうなるの。致命的でしょ。聞きたてのうわさ話を広めるウイルス的人格も同類です。


posted by ジェイン at 19:13| 東京 ☀| お悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

無責任な意見・アドバイス

最近落ち込むっていうかユウツなことが多いんです。

その中のひとつが、根拠にない無責任なアドバイスに振り回されて苦しんでる人が相談にくること。

何度も言ってるけど、根拠のない他人の批評やほめ言葉に一喜一憂しないってこと。

ベテランイラストレーターの中に、学生や新人イラストレーターを威圧してみせたり・・・する人ときどきいます。

名前がある程度有名?な人でも。何のために怖がらせるのか理解に苦しむけど、だいたいが自分がすごいんだって言いたかったり貫禄しめしたいってことかな?。

(傷ついた人が後でほめてもらったりすると、わたしのこと心配してきつく言ってたんだなんていたく感激する世間知らずさんもいますよ)。

要は、まともな・りっぱな人格をもった人だったら、たとえ自分のこどもみたいな年齢差からだって、どなったりしませんよ。

自分が、うまく仕事がいってない人ほどこういうことしてそうデス。不満大爆発させてるのかな!。

不幸をまき散らすのはやめようネ。
posted by ジェイン at 20:50| 東京 ☀| お悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

柔らか頭

20代前半のひと、学生の方たちにいつも思うことです。

『いろんなことを、しがらみなしに捉えられたり吸収できる』ってことは、若さの特権みたいなもの。

すばらしいんです!。

ジェインが普段いちばん気をつけていることは、自分のこれまでの経験で物事を判断しない・先入観をもたないようにする。

正しいアドバイスはどんどん取り入れて私自身進化し続けたいって思っています。

若い人はうらやましい!。

迷いなし!。

行動力が旺盛!。

失敗を恐れない!。

そして『しぐさも、行動もかわいい』。

無意識にこう思っちゃうってことは、わたしと世代が違うってことかしら?

posted by ジェイン at 18:33| 東京 ☀| 仕事のパートナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

アートコンペ始まる

2007年度バートックで展示者から選抜したアートコンぺが始まりました。思ってた以上の作品の出来栄えの方・タッチをまったく変えて出品した方などがあったり、ジェインも喜んだり戸惑ったりしています。

会社で所有してた作品を売りながらバートックを運営してきたけど、ほぼ手持ちを売り尽したので、販売の方は開店休業中。とってもまずいことです。

新規に取り扱う作家を探してるけど、なかなかいい人見つからないんです。いろんな方の紹介や売り込みも多いけど、「他の画廊から乗り換えたいとか」「いろんな画廊と取引して、販路を広げた」なんて人もいます。

たしかに「売ってる人」もいて上手いのは認めるし喉から手が出るほどイイナって人もいたけど、いくら本人がいいよって言ったって、そんなことできないでしょ!。もめそうなことは嫌いだから!。それに作家納得の上『引き抜き』みたいなものしたって、もっといい画廊が現れたら、今度は『うちが見切りをつけられちゃう』って思っただけで、気持ちが冷めちゃいます。お互い信頼感持てたら、こういう感情は起こらないと思うけど。会って直ぐの人に「いっしょにがんばろう!」なんて声をかける気持ちがわかなくなってしまったのは、私が保守的になったのか?、そういう信頼できる人が少ないのか?・・。難しいところです。

ベテランのギャラリストの人たちは、その辺のこと割り切ってる人もいるし、割り切れなくて「思い出しては唇かみしめる」人もいます。作家単位じゃなくて、一つひとつの作品を仕入れるってのが良いのかもしれない、それがジェインの理想。でも、新人の場合はギャラリーが育て営業していかなかったら、作品売れないでしょ。売れてきたら「ハイ、さようなら」なんてこと大いに創造できちゃうから、いっそのこと自分で自分を売り込んだほうが、精神的には健全なんて思っちゃったりして・・。

値段が浸透してる人は売りやすいけど在庫するのが困っちゃうし、値段が流通してない人は面倒みてかないといけないでしょ。いままでうちで売ったものは、著名人のものが多かったので売りやすかったけど、在庫を抱えるのは大変・・。もともと売るために集めた作品じゃなかったからいいようなものだけど(笑)。やっと身軽になったところだから(笑)。

私を見てもらえればわかると思うけど、芸術・芸術って雰囲気じゃないから〜。

好きな作品、気の合う同世代の作家といっしょに、いろんなことを作りあげていきたいって希望(夢)があるから、信頼できてオモシロイ人、おまけに『売れる作品を描ける人』を探してるわけなんです。

とってもむずかしい・・・

posted by ジェイン at 20:21| 東京 ☀| 仕事のパートナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

入塾のこと

絵本塾に参加したいって方たちから、時々連絡もらうんです。絵本作家になるにはどうしたらいいんだろうって思ってるとき、偶然ジェインの本を買ってくださった方だと思います。以前は希望者は全員受け入れるって方針だったけど、最近はわたしが一年間塾を続けられそうって思った人だけ参加してもらっています。なんとなくやってみたいとか、「なんとなく」って受身だったりすると、教える方も気持ちが乗ってこないだろうし、せっかく授業料払ったのに得るものがなかったら、お互い不幸でしょ。展示中に何回もお話し合って気持ちを確かめてから、絵本塾のメンバーになってもらっています。だからただ有名編集者に売り込む目的だけの人はいません。

今まで途中で2人が脱落。一人は連絡がまったくつかなくなって、未だに心配しています。もう一人はジェインの知り合いの娘さんだったけど、なんとなくって感じかな。課題もやらなかったから。

お互い(主催者も参加者も)不幸にならないために、信頼関係を作ってから。


posted by ジェイン at 21:17| 東京 ☔| 絵本塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

「ジェインさんは大変ですネェ〜」

もう12月に入って今年も後わずか。今の展示で毎日オープンから最後までギャラリーに出勤?してる人「皆勤賞」です。「ジェインさんは大変ですネェ〜。」

毎日、相談ごとでやってくる人や電話が多いのでそう思ったんですね(笑)。以前から道端できゅうに声をかけて家庭の相談する人がいたり、病院に行ったら、待合室で目があっただけで取り囲むように人が来たり、家族のこと日々の生活のことを相談する人多かったんです。きっとテレビのイメージだと思うんだけど(汗)。「娘を花嫁修業させたいからあずかってください」ってのも、とても多かったです。花嫁修業にわたしのアシスタントにするわけにもいかないでしょ!。公演でうかがったことがる村の村長さんの親戚など、数名だけは断り切れなくて、ほんの少しだけだけどおあずかりしました。その後どうなったかは、怖くてきけません。きっといいお嫁さんになってるでしょう?。

最近も、本の読者やジェインの公演を聞いた人、一番多いのはイラストレーターなんだけど、相談者が多いんです。日記の中に思い当たるところがあって相談してくる人もいるみたい。ジェインも友だちや仕事先にはいっぱい助けられているから、みんなの相談にも真剣にのりたいとは思うけど・・・

そろそろ限界かも。



posted by ジェイン at 20:53| 東京 ☁| お悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

ヒトを信用できない自分は失格カモ

12月3日から東京画廊で「消息 / comings and goings」が始まりました。若手2人の作家です。先日遊びに行ったとき、ジェインは山本豊津さん(東京画廊代表)に一点一点作品の解説をしていただきました。



現代アートを扱う画廊は、作品をただ売るだけじゃなくて若手を発掘して作家として育ててくれるところもあります。まだ世の中に認められてない作品を買い上げてくれたり、新人作家の生活のめんどうをみてあげるギャラリストの人もいます。


「ジェインにはできないな・・、考えられないな〜。」ジェインにもそんなことできるかなぁなんて、ちらっと頭の隅っこで考えてみたけど、今の私には、できそうにありません。正直なところ、一生懸命育てて独り立ちさせたって、はいさようならなんてなりそうだからデス。まだ才能があって信頼できる人に巡り合えてないからですネ!。

最近でも色々耳にすることなど聞いてしまうと、外の人を育てるより『いっそのこと自分が作家になった方』が、精神的にはとても楽じゃないかって思っちゃたりして(汗)。

新人を発掘・育ててる先輩方は器が大きいのかも。








posted by ジェイン at 20:50| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

絵本・紙芝居個人面談&相談会

絵本塾4期、個人面談&相談会。午後1時〜5時の4時間。7名の参加でした。一人30分弱の時間をとったので、ちょうど良い時間でした。

次回は1月15日の午後1時〜5時です。絵本・紙芝居塾どちらでもかまわないし、前の期の終了者でも参加OKです。なるべく事前に連絡くれると助かります。
posted by ジェイン at 22:36| 東京 ☔| 絵本塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。