2008年05月18日

「感激したこと」

原稿をお願いした方たちに『絵本作家になりたい!』の校正のチェックをしてもらってる最中です。

ジェインが絵本作家なら、いっしょに仕事したいって思う人たちだから、その道のプロ・・・。

「驚いたこと」「感激したこと」を書きますね!。


『校正を送ったら、全員がその日のうちに原稿を見て、返してくれたこと』

みんさん仕事をたくさん抱えている編集者なのに、先にやってくれたみたいです。

「いい人たちなんだ〜」って流さないで読んでね!。


ジェインの原稿書くのが遅いってのが出発点なんだけど・・。

原稿を入れてDTPの担当者が文章を打ち込んでくれて、坂川事務所がレイアウトして初校があがって、直して、また印刷所にいれて〜という作業をしていくんだけど、各作業でもたつくと、次の人に迷惑をかけちゃうんです。

人を手配して待っててくれたり、印刷機械をあけて待機してる人がいたり。

結局、最後の仕事の人のところにしわ寄せがいっちゃうことが多いんです。

編集者には、仕事だしてるんだからありがたいだろうなんて思いこんでる人たちも多いけど、印刷所の人たちの複雑な気持ちなんか気がつかないんです。

沼津の図書印刷工場に何度も行って、入校してたジェインだから感じるのかも。


ジェインが原稿お願いした『私が仕事をいっしょにしたいって編集者たち』は、この辺の事情も心得ているみたい。

ふところの広さ・編集の経験度を感じます!。

なんちゃってジェインが感想言える立場じゃないし、私の師匠たちなんだから・・。


ジェインは「絵本編集者を見る目」があるんだなぁ〜。

人を見る目はぜんぜんないんだけどね!。




posted by ジェイン at 13:23| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。