2009年01月14日

お悩みの電話

お悩み相談の電話が今日も・・。

「ジェインさ〜ん、わたしがこれだけ頑張ってるのに応援してくれないのは、周りの人たちが無責任なんデス!」

「オオ・・、また、きたきた」

「自分の能力はどっか遠くにやってしまって、他人の努力に期待するよくあるパターン」


応援してもらえるような人間になるためには、応援してもらいたい本人の信用を勝ち取ることダヨ!(まぁ、いくら説明しても、理解できないと思うけど)

応援してもらいたい人がいて、その人の悪口を第三者に言ってまわるような人のこと、応援するお人よしいますかね?。
仕事を欲しいときはAさんにすり寄るんだけど、普段は無責任に作品を称賛してくれるBさんのところが居心地がよくて、Aさんを敬遠する。

友だちの手前、『わたしのすばらしさを認める?Bさんべったり』

本当に仕事を一緒にしようと思うんなら『本心で意見を話す』現実的なAさんが良いのに。


わたしは現実派だから、夢みたいなこと言う人より、眼の前の課題を提示して、それをクリアできたら「相手にしてやってもいい」って態度の人のほう選ぶけど。



posted by ジェイン at 22:09| 東京 ☀| 仕事のパートナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。