2006年10月18日

ジェインには半年先がお見通し

絵本の出版が決まりそうになると言い出すセリフです。



「絵本の仕事が決まりそうなんです」

「だからこれから半年間は、絵本に集中したいんです」


「いまやってる仕事、引き受けた仕事はどうするの?」

「ジェインさんからせっかく紹介してもらったのに、すみません」

「でも、もうできません」


「絵本一筋でやっていきたいんです」



「途中で仕事を投げ出したら、後で後悔するよ」

「わたしも紹介した人にカッコつかないなぁ(ジェイン)」



「もう、決心しましたから」

「絵本が出るまで歯を食いしばってがんばります」


がんばると言っても、一度引き受けた仕事を勝手に投げ出してそれでいいというものでもありません。

こういう人たちは、素人根性がぬけきれてないから、こういう発想になるんです。

(でも、舞い上がる気持ちも理解できます)


いくら「最後まで仕事を終わらせた方が良いよ」と言っても、「絵本に対する情熱でいっぱいだから、もう引き受けた仕事もできない、やりたくない」ジェインの話にも、耳を貸しません。


「半年間絵本にかける」ってセリフ、いろんな人からジェインは何度も聞いています。

こうなったらおしまい。


代わりのイラストレーターはいっぱいいるから、別の人を紹介すればそれで解決なんだけど。



まだ一冊も絵本を出したことがない人が、スケジュール通り「半年」で絵本が出せると思いますか?。


ジェインは約束や仕事をすっぽかす気持ちのことを心配しているんです。

仕事の代わりはいくらでもいるから、すっぽかした仕事の心配はしていません。


その場の都合で、行動をころころ変える人を絵本の編集者は嫌いますよ。

特にまともなところほど〜。




いつものように半年後のセリフは、目に浮かびます。

「ジェインさん、この前の仕事みたいなのあったらまた紹介してください(絵本に命をかけるはずのイラストレーターです)」

「絵本の方は、どうなったの?(ジェイン)」


「進行中なんですけど、いま編集が止まってる状態なので、何でもいいからイラストの仕事がしたいんです」


仕事の自覚がない人、人間として未熟な人は可愛くも思えるんです、でも・・。

「何でもいいからと言われてもねぇ(汗”)」

人気blogランキング 応援ぴかぴか(新しい)お願いします。
jane_usagi.gifクリックしてくださいね。



posted by ジェイン at 22:35| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。