2006年11月20日

送って喜ばれるもの、困るもの。

あと一ヶ月ちょっとで今年も終わり。


この時期、『自前の作品でCD型カレンダー』を作っている人たちがいます。

ジェインも毎年何十個も、卓上カレンダーを頂きます。


机や棚のスペースを工夫しても、すべて飾れるわけではありません。



仕事先のデザイン事務所や編集部にも、たくさんカレンダーが届いています。

デザイン事務所などでも、自前のカレンダーを配るところもあるんですよ。

事務所には、自分のところのカレンダー作品を飾ってるんじゃないかな。



CD型のカレンダーは、気軽に作れることと、自分の作品集をかねて発注者にアピールできるんじゃないかなぁってことですよね。


でもカレンダーは一つか二つあれば充分です。

だからたくさんイラストレーターから送られてくる卓上カレダーの置き場が見あたらないんです。

デザイナーも編集者も、ただでさえ机の上は資料でいっぱいです。

きれいに飾るスペースなんかありません。



土曜日にキーホルダーや携帯ストラップのキッドをたくさん買っていた人がいます。

今年のプレゼントをイラスト入りキーホルダーなどにするんです。


かさばらないのがいいんです。

迷惑かけないから〜(ごめんなさい)。


ちょうど編集者の方が遊びに来ていて、年末にいただくたくさのカレンダーのことを聞いて、笑っていました。


お金をかけて作った人は、それなりの思い入れがあると思います。

「もらった方も、うれしいに?違いありません・・・・」


でも全部かざるので整理がたいへんです。

利用してもらえたら、一年作品と顔を突き合せるから絶好のアピールには違いありません。

みんながそれを狙っているので、競争ははげしいです。


「それじゃいったい、誰の作品を飾るか?」

編集部の机に普通飾るんなら〜。

『知名度のある人』『売れているイラストレーター』のカレンダーを飾るこ・・・?。



このプラスチックの入れ物、積み重ねてもすべりやすいので、整理しにくいんです。

せっかくの予算でつくるのなら、役に立つものがいいんじゃないかって〜。


卓上カレンダーを飾ってもらうための競争は、何度も繰り返すようですけど、仕事をもらうよりむずかしそうですょ。

アイデア勝負、『競争が少ない贈り物』を考えた方が、資源のムダにはなりません。

人気blogランキング 応援ぴかぴか(新しい)お願いします。
jane_usagi.gifクリックしてくださいね。



posted by ジェイン at 09:41| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。