2005年05月15日

それじゃ10年後も同じ。

がんばりやなので、つい応援したくなる人たちは、頑固・頑(かたく)なヒトたち・・・。 

がく〜(落胆した顔)褒(ほ)めてるわけじゃないんです!。 ふらふら心配してるんです。 

みんな、始めはそうなんです。大学出の人たちは、生活に余裕がありそうだから、違うかもしれないけど。 

普通の子たちは、生活のためにバイトしながら、絵を描き続けているんです。

ある人は、朝・昼・晩と職場を3つも変えて。


それはそうとして、バイト先・仕事先が年がら年中忙しくて、絵を描く暇がない環境の人たち。

イラストレーターになるために、バイトしてる筈では?。

せっかくバートックで知り合って、ジェインが売り込み先教えても、会いに行く暇もないとは。 

「ジェインさん、出版社の人から仕事の電話かかってきたけど、どうしよう?」

どうしようと聞かれても、答えは一つだけよ〜。

「会いに行ってくれば〜」それしかないでしょう。

もうやだ〜(悲しい顔)「仕事休めないんです」

がく〜(落胆した顔)「バイトでも?(ジェイン)」

もうやだ〜(悲しい顔)「他のバイトの子が休むから、私は休めなくて」

ジェインもふらふら絶句!。

人気blogランキングに参加しています。応援よろしくぴかぴか(新しい)お願いします。
毎日一回、クリックしてくださいね。

イラスト描くためのアルバイトが、アルバイトしながら描くイラストになってしまってるんです。 

本人も気がついていながら、今の状況が変えられない。

がく〜(落胆した顔)そう思いながら続けてごらんなさい!。 10年後もアルバイト(生活です)。 年齢重ねただけで、状況は変わりません(正確には10年の年月が過ぎ去るだけ)。

環境を変えるというのは、大変だと思います。 でも、変えなければダメなんです。 仕事がきた時に、打ち合わせにいける時間がとれなければ。 イラストは夜中だって描ける訳けど。

ある程度、自信ができたら、売り込みに行ってみる。 その時間や、打ち合わせの時間、イラストを描く時間が、絶対必要です

時間給が安くても、自分の時間が取れる仕事に変えなければ・・・。 

『そうしなければ、なにも始まらないよ!』




posted by ジェイン at 09:29| Comment(10) | TrackBack(0) | お悩み相談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「時間は、自分でつくるしかない!」
ホント何をやるにつけても痛切に感じることです。別にイラストじゃなくても。

でも腹さえくくれば、簡単なことですよね。
やってしまえばいいんだから。
今の仕事ほったらかしにして、イラストの仕事受けてくればいい。で、今の仕事クビになったら、それはある意味、イラストレーターになるための大きな前進ともいえる!
大変な目にあうかもしれないけど、それはいつかは乗り越えなければいけないこと。

僕も自分に言い聞かせてます。(笑)
Posted by やすじろう at 2005年05月15日 15:25
「時間は自分でつくるものだ!」
何をやるにつけても痛切に感じます。別にイラストだけじゃない。

でも見方を変えれば簡単かも。やりたいこと、目をつぶって、やっちゃえばいいんだから。
イラストの仕事が来たら、受けちゃえばいい。
それで今やってる仕事クビになったとしても、長い目でみれば、イラストレーターとして大きな前進になるともいえる。
ちょっと乱暴(な意見)かもしれないけど、結局そういうこと。

日々自分にも言い聞かせてます。(笑)
Posted by やすじろう at 2005年05月15日 15:35
あれ?
書き込め無かったと思ったら、ちゃんと書き込めてた!
ジェインさん、すみません!!
微妙に違った内容なのが、二重書込みよりも気持ち悪いですよね。(汗)
Posted by やすじろう at 2005年05月15日 15:38
やすじろうさんの言う通りです。でも、現実は、その場の生活があるからアルバイトをとってしまうんですよね。 仕事が変わる不安もあるけど。

中には、時間の拘束が少なくてすむ仕事や、忙しくなければイラスト描いていいよってバイト先もあるみたい・・・。

けっこう探せると思います。
 

-------------------------------------------------
イラストの仕事が来たら、受けちゃえばいい。
それで今やってる仕事クビになったとしても、長い目でみれば、イラストレーターとして大きな前進になるともいえる。
-------------------------------------------------
これが正解ですよね〜。
やすじろうさん、書き込みありがとう。


Posted by jane at 2005年05月15日 16:29
若い時は特に,自分の人生にとって
どっちが大事なんだよ”と言う事は自分にいつも
問いかけてないと,チャンスはにげちゃうよね

どっちかと言う観念は天秤にかけてるような
後ろめたさがあるけど!
決断をクリヤーにするときには意外
にあたってる方法なんですよ。
Posted by とら at 2005年05月15日 19:03
とらさん、こんばんは。 奥深いコメントありがとうございます。 (とらさんは、実績も経験も人一倍あるベテランイラストレーターです。 ジェインとは、古い仕事仲間です。)

おっしゃる通り、どっちが大切か考えていないと(分かっていないと)チャンスは、どんどん逃げていきます。 そして(チャンスは)、日に日に少なくなっていくんです。

経験してきた人たちは、身にしみているはずです。

どちらに身をおくか、はっきりさせない人は、もしかして、諦(あきら)めの気持ちも(心の片隅に)持ってるかも?。

その前に、独り立ちのイラストレーターには、なれませんね!。

どっちにしても、宙ぶらりんの気持ちでは、とらさんのように、イラストレーターで、長く生き残るのは不可能なんだから。

年齢と共に、『選択の道』は狭まっていくもの。 だから今が大切なんです。 やり直しの効かない年齢はもう直ぐ。

しっかり考えて欲しいな〜。
 
Posted by jane at 2005年05月15日 21:18
ボクも忘れていた事。思い出しました。ジェインさん有難うございます。先延ばしにならないように、6月中までに作品溜めて。ギャラリーに行くと目標立てました。頑張りますよボク・・・
Posted by 味吉 at 2005年05月15日 22:22
味吉さん、こんばんは。 目標立てるって大切ですよね。 それにおしり(最終の期日)を決めることも。 イラストレーターはフリーの人多いから、他人が締め切り決めなかったら、だらだらしがちだから〜。 特に自分自身のことは・・。

悟ったようなこと言ってるジェインですが、みんなといっしょで〜ス(笑)。
Posted by jane at 2005年05月15日 22:53
でも感謝します。こんな事はっきり言いてくれる人いないです。楽な方に逃げる理由は簡単に見つけれるから、目標は立てたんでアトは実行あるのみです。ボク目標の手帳付けてるんですが早速、赤で書き込んだですから大丈夫です。6月中には行きます〜夢に向けての第1歩です
Posted by 味吉 at 2005年05月17日 01:00
がんばってくださいね。 締め切りがしっかりしてたら、仕事も普段の生活もメリハリできます。

明日の日記は、その辺のとこ書こうかな?。 
Posted by jane at 2005年05月17日 01:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。