2007年07月18日

やっぱり、帰れるところ。

ちょっと気が沈みがちのジェインです。


「仕事の同志は、強いきずなで結ばれる」

この言葉は、長年この世界で生きてきた私の実感です。


ウソはウソで、長続きしないもの。

だから淘汰されて、本物のみ残ります。

残ったものが私のほんとの財産で、履歴書。


マガジンハウスは、それほど仕事をしたって感じはないけど、
どっか、田舎っていうかふるさとみたいな所かなぁ〜。

私だけかしら?。きのうもソトコトの小黒さんがマガジンハウスに来てたっていうし、みんな生まれ故郷って感じかもしれません。

まぁ〜、近いってせいもあるよね(笑)。



マガジンハウスの石崎社長から電話があって、「いま木滑さんが会社に来たぞ〜」って。

代わってもらって話したんだけど、みんな家族や兄弟と話してるみたいなんです。

いるかなぁなんて会社におじゃましたんだけど、「きょうは来ないかも?」って言ってたので、ジェインは帰っちゃったの。

木滑さんはブルータスやポパイをつくった人で、編集者だったらだれでも知ってますよね。

話してると、10代にひとっとびできるのが、不思議・不思議。


posted by ジェイン at 22:03| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。