2007年07月28日

どうしてそうなるの?

それでね・・・、とっても困ったことが起きたんです。

紹介したら、一応わたしの手は離れることになるんだけど・・。仕事の発注者から何とかしてくださいって電話が!。

仲介業者じゃないから多少困ったことがあっても、お互いに解決方法を見つけるので、「何とかしてくれ」ってジェインに言ってくることはないんです。

『依頼した原稿とサイズ・内容が違う』

それでイラストレーターの人にわたしから事情を聞いたんです。

「こっちの方がいいと思ったので変えました(○○さん)」

「サイズがちがうって言ってるよ(ジェイン)」

「こっちの方が画にインパクトがあります(○○さん)」

「インパクトがあるって言ってもねぇ(汗”)?(ジェイン)」

「これでいきたいんです(○○さん」


「お店でチャーシューメン頼んだのに、きつねうどんだされたらどう思う?(ジェイン)」

「そりゃ、ラーメンがこなけりゃ怒りますよ(○○さん)」

「じじじゃッ、頼んだ画と違う画が来たら怒るの解るでしょ(笑)(ジェイン)」

「でもこれは、わたしの作品だから」「芸術性の問題ですよ」「ジェインさんも見てくれたら、こっちの方がいいね!って言ってくれますよ(○○さん)」

「発注者が怒ってるよ(汗”)(ジェイン)」

「わたしの世界をわかってくれないなら、それでいいんです・・、、もぅ!(○○さん)」


「イラストレーター、替えられちゃうよ(ジェイン)」

「仕事のイラストは頼まれたものを描くんだよ(ジェイン)」

「でもでも、こっちの画が好きだから(○○さん)」



「あぁぁぁぁ〜、わたしはどうすればいいのノノノ・」


posted by ジェイン at 11:17| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。