2007年09月24日

私の演奏に・・

早い時間に仕事の打ち合わせがあってバートックに行ってたんです。

仕事先の方が帰って、まだギャラリーを開けるには30分も早い時間。

そこでウクレレを控え室から持ってきて・・

るんるんるんるんるんるんどんっ(衝撃)exclamationるんるん

高そうなウクレレです。

「・・デス、っておまえのだろ?」

話は長くなっちゃうけど、絵本作家のまりちゃんの旦那さんがプロのミュージシャンで、ジェインのために持ってきてくれたんです。

絵本の読み聞かせの会をするときに、音楽があったら楽しいだろうなって話してたところから、どんどん進んで、私の腕の中で美しい音色を奏でているって状態なんです。

楽器の演奏なんて学校の音楽の授業以来だけど、見様見真似っていうか、まわりにいるみんなに教えてもらいながら、なんとなくウクレレの旋律が流れだしたところ。

ギャラリーがザワザワする前の静かなひと時、こうして練習をしてるんです。

ギャラリーは天井が高いし床が固いってせいか、お風呂の中みたいに音が響くんです。

ぶっちゃけたはなし、どんな音でも壁や天井に反射して、きれいな響きわたる音になるんです。


ここまで話をひっぱっちゃったけど、「我ながらいい音だすじゃん・・」なんて両方の耳で確認しながら、右手で弦をジェランジャランやってたら、入り口の外に人の気配。


「すみません、すぐ開けます(汗”)・・」

編集者のYさんが表で立っていました。


「ジェインの演奏を外から聞いてうっとりしてたのか」「耳が痛くなるので外でじっと耐えてたのか」どっちだったのか怖くて聞けませんでした。




posted by ジェイン at 15:30| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。