2010年05月11日

絵本作家好きの人苦手です。

「わたしのところにいろんな人たちが相談に来るのは、それはそれでいいんです」

ジェインが一番むずかしいのが、相手が「絵本作家になりたい人なのか、それとも絵本作家好きな人」なのか・・。

絵本作家になりたい人は、作品をつくることに全力をつくさなきゃいけないでしょ。だから分かりやすい。

絵本作家好きの人は手を焼いちゃうんです。「○○さんが大好きで、作品見てもらったら、とってもほめてくれました。」

「それはよかったネ!」

そしてその作品の絵は○○さんの絵にそっくり。そっくりと言っても、質まで同じわけじゃないんです。

ファンの人がまねして絵を描くのは、作家にとったら悪い気はしませんよね。まねっこの本出さないかぎり。

そんな『絵本作家好き』の絵を見せてもらって、「感想言いいなさい」っていわれたら、ほめるしかないでしょ。早くこの場から逃げたいんデス。


絵本作家になりたい人は、いくら好きな作家がいても、そのタッチを真似だけして描いちゃいけないんです。自分の感覚・その人にしか出せない世界(絵)を作らなくっちゃデビューしちゃいけないんです(笑)。同じ絵は一人で十分だもの。





posted by ジェイン at 16:56| 東京 | 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

本は買うべし

ジェインは一つでも自分にとって役に立つことが書いてあったら、その本を買います。たとえ一行でも。というわけで家の中は本でいっぱいなので、最近は図書館も利用します。図書館で出会った本でも、内容に共感できたら、アマゾンで注文します。それが著者の方にたいする礼儀だと思ってるから。

お金を使って本を買うときは、選択の目がやしなえます。いちばん勉強になるのは、著者の気持がわかるようになりますよ。



posted by ジェイン at 22:55| 東京 ☔| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

絵本の絵って!

絵本作家になるには・・

とりあえず絵に自信のある人は、絵から。

というわけで、一生懸命絵を描くわけだけど、きれいに上手に仕上げようってするでしょ。

あまり気にしない編集者もいるけど、絵本には絵本の絵の世界があるでしょ。

こどもたちに完成度の高さだけを求めた絵、喜んでくれるかなぁ?


ジェインだったら、強調したいところがシンプルに表現されてた絵を描くこと。

わかりやすくて楽しい、想像力をかきたてる・・そんな絵がいいなぁ。


写真みたいに表現するんだったら、写真で済んじゃうでしょ。

小さなこどもに伝える絵は、その本質がわかりやすく表現されていることが大事だと思うんだ。

だから作品に描き上げる素材・対象については、細心の観察・洞察力を発揮して、取り組んでみてください。

posted by ジェイン at 16:21| 東京 ☁| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

本のこと書くね(3)

「絵本を出してます」って人がバートックによく来るんです。

なんだこのおじさんなんて思ってる人がすごい人だったり、ジェインが買った本の作者だったりすると、「ワワヮ」とか、ファンに変身しちゃうんです。

面白いし冷や汗かいちゃうことも。



どっちかっていうと、絵本作家は苦手なんですよ!。

絵本作家だけがってことじゃなくて、結局『作家』が苦手なんだろうけど。

作家さんってわがままな人多いでしょ。自我が強いっていうか個性があるっていうか?。

ギャラリーに携わっている人間が、こんなじゃいけないって分かってるはずなんだけど。

ジェインの仲良しっていうかよく話す先輩キュレーターの人のこと「問題児の○○さんも上手に扱っている、さずが・・」って、美術雑誌に書いてあった。

わたしもいつか、そんな器の人間に成長してみせるワワヮね!。

個性的なアーティストをボールの中で遊ばせてあげるくらいの器量を持ちたいとは思ってるけど、まだ修行がたりません。

「ジェインさん、さっきの人苦手でしょ(友だち)」

「どうしてわかったの(ジェイン)」

「顔にしっかり書いてあったよ(友だち)」

まぁ、こんな会話がギャラリーで交わされいるわけ(ヘへへ・・)」




話は脱線しちゃったけど、
posted by ジェイン at 20:29| 東京 🌁| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

絵本作家になりたい!発売

ジェインの本『絵本作家になりたい!』が本屋さんに並んで、10日くらいたちます。

本がでる前にバートックで、予約申し込みの受付を始めたら、みんさんがたくさん注文してくれました。

絵本の活動をしてない人も買ってくださるので、感激、うれしいです。

posted by ジェイン at 20:48| 東京 ☁| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月30日

イラストレーターとの違い

絵本作家の方たちから絵本のラフスケッチをたくさん見せてもらっています。

いままでは、周りにいるイラストレーターの方が絵がうまいから、すぐ絵本作家になれるんじゃないかなんて思ってたけど、ラフを見てからその考えが変わりました。絵本作家はたとえ絵がうまくなくても、『絵の中に気持ちを込められる』それがイラストレーターの決定的ちがい。

できあがった印刷物では感じられない絵本作家の迫力・思いが、ラフスケッチからはっきり見えます。

感激!。
posted by ジェイン at 09:47| 東京 ☁| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

紙芝居のこと

紙芝居は、日本独自のものです。

その歴史は80年ほど。

紙芝居の魅力は、絵本とは違ってみんなで、たくさんのお友だちと楽しめることですよね。

絵本のようにひとりで、その世界に入っていく楽しさとはちがいます。

黙って静かに見なければってことでもないし、紙芝居ならではのおもしろさがいっぱい。


最近、外国でも日本の紙芝居が注目を集めています。

続きを読む
posted by ジェイン at 13:38| 東京 ☁| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

絵本のこと

きょうはハードな一日。

午前中一本仕事をして、午後の1時に福音館書店へ。

【ポップパンツパーティ】のオープニングとも重なったスケジュールです。



子ども向けの絵本のなかに中に、かがくの絵本というジャンルがあります。

どういうふうにジャンル分けされているのか、知りたくて取材しました。

ジェインがいま取り組んでいる『絵本作家になりたい人の本(まだ正式なタイトルが決まってなんです)』の中身です。


本を出すっていうのは、それ自体もおおきな目的なんだど・・。

自分の頭の中にいっぱいつまったものを整理したり、「それが正しいか」その道のスペシャリスト(わたしがいちばん信頼している人たちに)検証・教え導いていただいています。



大切な時間を2時間・・。

「ありがとうございました」

森戸編集長から教えていただきました。

posted by ジェイン at 19:06| 東京 ☀| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

仕掛け絵本を取材

きょうは午後、大日本絵画に行ってきました。仕掛け絵本の老舗出版社です。

ジェインが春に出す本の中に、仕掛け絵本のコーナーを作っているからです。

いろいろ取材させていただいて資料をたくさんお借りして、その場から写真を撮るスタジオに持っていきました。

昨年末西武百貨店で開催されたロバートサプタの本もここから出ています。

一冊5000円くらいの本が多いんだけど、とぶように売れていました。


ジェインが持ってるのは、アメリカで買ってきたもです。

始めみたときはなんてすごい本なんだろうって感激しました。


日本にも江戸時代から相撲や歌舞伎のものがあったそうです。
このへんのことも取材してきたので、本に載せたいと思います。

資料、とっても重かったなぁ。jane_animation.gif
posted by ジェイン at 23:00| 東京 ☁| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月01日

軽い思いつきからで良い。

何でも物事を最初から難しく考えてたって、しょうがないですよね!。

きっかけは軽い方が、ものごとに取り組みやすいんです。



だから絵本作家になりたいと思ったら、チャレンジしてみればいいんです。

たくさんの絵本に触れて楽しんで、「ほんとに絵本が好きだ!」「わたしにはこれしかない!」って思ってから、人より何倍も努力すればいいんです。

作田編集長が話していたように、高齢になってからの絵本作家デビューもあるわけだし、年齢制限が無いのもこの世界の魅力的なところ。


ほかに生活するための収入がある人なら、なお更環境はそろっています。


ただ緊迫感がないと、気持ちも のんびりスローペースになって、いつまでたっても先に進まないことが問題。


絵本作家になる目的が、「絵本を何冊も出してそれだけで生活しようとする」のでなければ・・・。

人気blogランキング 応援ぴかぴか(新しい)お願いします。
jane_usagi.gifクリックしてくださいね。



posted by ジェイン at 16:28| 東京 ☔| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月10日

絵本のお話

「絵は自信あるけど、ストーリーは自信ないなぁ〜」って人もいますよね。

そんな人は、とにかく一つお話を描いてみてください。

できあがったら、二つ目に挑戦してください。



だいたい最初は、自分勝手なお話になりますょ。

ストーリーを考えた大人のひとりよがりになりがちです。

大人の世界(自分世界のこと)を書いちゃうんです。




先日の『波賀先生の絵本塾』で紹介してくれた絵本、
「たまごにいちゃん」家でためしたんです。

どうしてもあかちゃんのままたまごの殻をかぶっていたいってお話。

シリーズ化されていて人気高いそうです。

さすが、うちでもおにいちゃんのハートをとらえたようです。

さっそく本を注文しました(笑)。

人気blogランキング 応援ぴかぴか(新しい)お願いします。
jane_usagi.gifクリックしてくださいね
posted by ジェイン at 12:53| 東京 ☔| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月22日

欲張り人の「葛篭(つづら)の中身」

こうやって色々なものをいただけるも、皆さんがジェインやバートックに好意を抱いて・親近感を持ってくれてるからと、勝手に思い込んでいます(笑)。


ジェインがってことじゃなくて、「喜ばれることを、無償の気持ちで努力したりほねをおることに意味があるんです」

コミュニケーションの大切さですね〜。

やさしい思いやりの気持ちを分け与えることで、幸せをたくさんの人が共有できるんです。


予想もしてないお宝や葛篭(つづら)をもらえる『昔話の主人公たち』も、良い例です。

現実の世界でもありえますよネ。

(「・・だから」って思ってるようじゃ、話を聞いて、転がって自ら穴の中にはいるジジィと一緒じゃないかって・・・・・。


「ハハハハハ〜」





「・・・お話はずうぅ〜っと進みました」

「そして良いことをしたオジイ・オバアさんは、たくさん宝物をもらって、村に帰って来ました」





それを見ていた隣のおばあさんは・・・・・・

上っ面のご機嫌取りで望みを叶えようとしました。


ここでよ〜苦、考えてみてください。

昔話でも、損得・欲にかられて、ここから不純な気持ちを持って行動する人は・・

「したきりすずめ」や「おむすびころりん」でも・・・でも、色々な苦難や災いをもらって帰ってくるものです。


絵本作家には『純粋な気持ちの持ち主』が良いと思います。

こっちにきたら少しは得か損かなんて、ちっちゃな計算ばかりに気を取られてたらいけません(〜なんちゃってね(笑))。


考えりゃ誰でも理解できること。
絵本を与えるお母さんたちにとっても、ぞくっぽい作家は敬遠したくなります。純粋に絵本に打ち込んでくれる作品を望むもの。

たとえ絵本に作家の「野望」や「計算」が、作品に出ないからといって〜(笑)。


イラストレーター的営業を、絵本の世界にそのまま持ち込んでみても、見透かされてしまいます。

だっていろんな昔話に教訓は出てるんですもの・・・


欲の塊(かたまり)だけのジジイにバババァ〜は・・・

持ち帰った葛篭(つづら)を開けました。

そったら、蛇やムカデゴミの宝がいっぱい出てきて・・・・。


「シャレにもなりません!。」

人気blogランキング 応援ぴかぴか(新しい)お願いします。
クリックしてくださいね。


続きを読む
posted by ジェイン at 09:47| 東京 ☀| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月11日

「絵本のこと」独り言。

今週は天気がよくないみたいです。 

どうしても雨の日は、人出が少なくなります。

ジェインとゆっくり話す機会ができたからと、この雨の日を喜んでくれる人がいるのも嬉しいことです(笑)。


ジェインもこういう時に話して、親しくなるイラストレーターがいるルンです。



近所にサブウエイができたので、野菜をたっぷり入れたサンドイッチ食べながらノンビリしてま〜ス。

狭いオーブンの中で、背が高いパンは毎回こんがりこげすぎちゃうんです。この苦味とコーヒーで眠気を覚ましてる感じじぃというところ。

きょうから絵本の話してみようかな〜。

前に話したことと重複することもあるかもしれないけど、そこはゴメンナサイ。

なにせこのblog、勝手気ままに書いてるもので・・・

おまけに直接文字を打ち込んでるから、たまに保存されないまま画面が飛んでしまうこともあるんです。(そうなったら、最初から書き直しです(汗”)。

それでも直接書くのはライブ感を出すから〜?なんてことじゃないんです。

横着(おうちゃく)な性格なのかな〜。


絵本と言っても、見方はそれぞれ〜。

絵が大きく描いてある本なら絵本だって人も多いですよね。

ジェインは絵本業界の人間じゃないから、理想の絵本像を追い求めてる訳じゃないんです。

イラストを職業にしてる人が、絵本の仕事に関われる様になったり、絵本と両立しながら生計を立てていける様にサポートできたらいいな〜と思ってます。

だから「絵本好きの人が絵本と認める絵本」だけじゃなくて、ただの説明イラストで絵本を作ってる仕事だって、それはそれで認めたいと思います。



始めっから『作・絵』両方っていってもハードルは高くなるだけ。

絵本ついてホントのことが分からない人は、イラストだけから入っていってもいいと思ってます。

だから絵だけイラストだけから入っていっても良いし、チャンスと思ったら少し不満な企画で頑張ってみていいと思いま〜す。

イラストだけ・絵だけなら読者に強力な印象を与えるのは難しけど、仕事はやり易いんです。

実際絵本の勉強してなくたって絵本のイラストで仕事したことある人たちは、ゴロゴロゴロニャ〜ンっています。

人気blogランキング 応援ぴかぴか(新しい)お願いします。
クリックしてくださいね
posted by ジェイン at 16:38| 東京 ☁| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。