2008年08月14日

未来のライバル

みんな、とっても研究してるんですよ「絵本のこと」


『たくさん絵本を出してる人、シリーズ化された人気絵本がある人(絵本作家)に』絵本について絵本塾でお話してくれないかって頼んだら、「それはできない」って、断られました。

それはその通り・・未来かもしれないけど、ライバルに仕事のノウハウを教えるって、競争相手を作ることですよね。

はた目には、天と地ほどの差があるみたいに見えるけど、同じ土壌にたった以上はライバル。

ライバルに塩を送ってどうする!ってことです。

持てる力を振り絞って絵本の仕事に打ち込んでるんだから、当然のこと。

ある意味、ジェインはこんな人待ってたのかも(だからわたしと仲がいいんですね(笑))

第一線で活躍してる人は、自分の仕事だけに集中するでしょ。教えるときは、ジャンルが違う人たちにとか、満足する仕事を成しとげて余裕のある人。

同じ立場のライバルに仕事のスキルを教えるってときは、価値のない情報か、自分の仕事に役立ってないこととか・・、ほんとのこと教えてくれるのか、とっても疑問です。

作品では食えないから人に教えるって人も多いけど、そういう人たちは、とてもほめるのがお上手です。






posted by ジェイン at 07:41| 東京 ☁| 絵本塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月13日

カラーマネージメント

ジェインがよくカラーマネージメントのこと日記に書くでしょ。

印刷と原画の色が違うって人がたまにいるわけ。

「最初から同じにはならないよ」って、話してはいるけど。

でもそこんとこが理解できないんだよね〜。

もちろん設定をちゃんとしてたら、同じになるわけだけど。


自分のモニターみてこうだからって同じには絶対ならないでしょ。


機械を使って印刷所の設定と合わせるのは、異例なこと(広告の仕事をしてるカメラマンぐらいです)。

ほとんどのデザイナーもしてないから。

カタログなどを手掛けるカメラマンなどではできてる人もいます。

(商品の色と印刷の色が違ったら、NGでしょ!。)


どうして自分のモニターと印刷の色が違ってしまうかは、自分で勉強してください(基本中の基本のこと)。


ゆるい仕事しかしてない人ほどわからないみたい。


posted by ジェイン at 22:14| 東京 ☁| 原稿料と実力のギャップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月12日

作品をつくる

絵本を作ってみようって思ったら、すぐ描き始めるでしょ。

絵に自信ある人たちだものね〜。

気の向くまま次々に思い浮かぶアイデアをかたちにしていくから、とても楽しい作業だと思います。

「絵本作家になりたい」って思う人多いのも当然ですね。


小さな子どもたちだって、お話を考えて絵を描けるわけだから、初めて楽器に挑戦するよりは、入りやすいと思います。

だからってわけじゃないけど、なんとなく形になったような気がするから、中身の構成とかおはなしの展開なんて適当になりがちにしてしまいます。

(だからたのしいのかもしれないけど?)



音楽をやってる人たちはどうかっていうと、楽譜から入っていく人たちは、譜面の中から基本を学ぶでしょ。

楽譜を読めない人は、曲のコピーなんかして、楽器の使い方・メロディーの作り方を体で学ぶでしょ。

絵本も、文章に起承転結があるように、絵本独特の作りかたがあります。

だれかに教わる、独学で習得するかは人それぞれ・・・


きょうは楽器でいうとコピーして、自分のものにするやり方のこと・・

好きな曲やカッコいいフレーズを何度もマネして同じように弾けるようにすること。

ジェインもウクレレに挑戦してるけど、なかなかうまくいきません(練習量がたりないからですよね(笑))

歌は、おんちだろうが声をはりあげたら、酔いそうなフレーズだけはでます。

どんなメロディになろうが・絵もそれらしくも?みえちゃうから、できてるなんて思っちゃう・・

「簡単に考えちゃう」それで勘違いしちゃうから、いつまでたっても「そこ」から抜け出せない!。



楽器は、きれいな音を出すために技術がいるから、それなりに苦労します。ちゃんとした学校に通うとか先生について学ぶ人以外は、コピー(ものまね?)で覚えていくでしょ。

絵本の基本を覚えるのだって、絵本の作り方の基本がしっかりしてるストーリーに、自分の絵を当てはめて作ってみるのもいいと思います。

音楽のコピーのように〜。

骨組をそのままで、主人公のクマをうさぎにかえたりしながら・・。


それを繰りかえすことで、ストーリーの組み立て方をカラダでおぼえるのもいいかも。

(絵本の古典と言われる作品で試してみてください。)


自己流でいい作品を作ろうとするとなかなかうまくいかないと思うので、お話の構成をマネして作ってみるの・・お勧めです。


お話の土台が理解できたら、次のステップです。

posted by ジェイン at 16:26| 東京 ☁| 絵本塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月10日

絵本の絵って!

絵本作家になるには・・

とりあえず絵に自信のある人は、絵から。

というわけで、一生懸命絵を描くわけだけど、きれいに上手に仕上げようってするでしょ。

あまり気にしない編集者もいるけど、絵本には絵本の絵の世界があるでしょ。

こどもたちに完成度の高さだけを求めた絵、喜んでくれるかなぁ?


ジェインだったら、強調したいところがシンプルに表現されてた絵を描くこと。

わかりやすくて楽しい、想像力をかきたてる・・そんな絵がいいなぁ。


写真みたいに表現するんだったら、写真で済んじゃうでしょ。

小さなこどもに伝える絵は、その本質がわかりやすく表現されていることが大事だと思うんだ。

だから作品に描き上げる素材・対象については、細心の観察・洞察力を発揮して、取り組んでみてください。

posted by ジェイン at 16:21| 東京 ☁| 絵本のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

絵本塾・紙芝居塾日程

絵本塾・紙芝居塾日程

絵本塾
□8月23日  波賀先生
□9月13日  木村先生
□10月18日  波賀先生
□11月22日  森戸先生
□12月     篠崎先生
2009年
□1月24日  関口先生

紙芝居塾
□8月30日  池田先生
□9月27日  池田先生
□10月18日  池田先生
□11月29日  池田先生
□12月20日  池田先生

※10月は会場の関係で18日に変更になっています。
 授業終了後、(みなさんリクエストの)合同の飲み会予定しています。
posted by ジェイン at 11:45| 東京 🌁| 絵本塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これでいいのか原稿料のこと

原稿料のことなんだけど

二十歳(はたち)くらいだったら、自分の仕事の原稿料を時間計算にして1000円でも、問題ないと思うんだけど。

40代に入ったらきびしいでしょ。

家族がいて、こども・犬・猫のペットちゃんたちをそれで養うって、大変なことです。

だから20代では雑誌や書籍のカットだけでもいいけど、30代はブックカバーや広告の仕事も取り混ぜて・・。

40代では、広告を半分くらいに持っていって、本の印税を増やす努力をするなんて、ビジョン持ってほしいな。


ところが、いつまでたっても、教科書・参考書類の仕事、日雇い的雑誌の単発カット(言いすぎだったらごめん)で満足してれば、家族を養っていけないでしょ。


そういう生活力の弱い人を「(あの人を)目標にしています」なんて、世間知らずの人も多いけど。

すべてはお金じゃないけど、これでは、家族持てないでしょ。

副業としてイラストの仕事やるんなら問題ないけど。


女子アナにも編集者にも決められたターニングポイントってあるんです。

フリーター的仕事してる人には、このリミットが曖昧(あいまい)だから、現状をほったらかしにするでしょ。


体力勝負の仕事や原稿料や流行に敏感な雑誌の仕事では、50才と20才どちらに軍配があがるか?


道は厳しくても、余力があるうちに作家活動ができる筋道をつけてもらいたいって思うんだ。

身近にいる人たちにはネ!。



※お金の計算や仕事のポジションのこと、本を買ってくれる読者には、いっさい関係ないこと。

創作活動のときは、作品に没頭してね!。



posted by ジェイン at 11:00| 東京 ☀| 原稿料と実力のギャップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

本のこと書くね(16)

みんなにとって編集者とは・・

仕事をくれる人たちだから、特別大切な人でしょ(笑)。絵本を出したいなぁって思ってる人にとっては、絵本の編集者は神様みたいに見えたりして?。

編集者だってわかったとたん、「ハイ・・、ソウデス・・、ヨロシクオネガイシマス」なんちゃって、突然態度がよくなる人もいるでしょ(笑)。

もう、アタマんなかは『売り込み』のことでいっぱいになっちゃってさ・・・


仕事を出してくれる人たちだから、すごい権限あるみたいに思っちゃうんだけど。

編集者は編集者でつらいところがあるんですよ。


講談社・小学館・集英社・文春・新潮社・マガジンハウスなんて大きなところを辞める人は少ないと思うんだけど・・。

なんとなく就職できちゃったところや、やりたい編集の仕事ができない人たちは、たえず転職が頭ん中にあるわけ。

給料や福利厚生、自分の一生の仕事として『今の仕事』を続けるかどうかの分岐点にさしかかったら、だれだって真剣にならざるをえないでしょ。

編集者の転職は30才くらいまでだから、27・8になったらほんとに真剣になるんです。

ある時期になると、野球のトレードって感じで、あっちにいた人がこっちにきたり、こっちにいた人がそっちにいったり・・・。

会社の移動があります。

力のある編集者は、どんどん待遇のいい会社に移っていくわけ。


ジェインたちにとっても、いっしょに仕事してる「たよりにしてる(優秀な)編集者が、転職したら困るんですょ・・。

でも新しいところでも仕事作ってくれる人多いけど。


そういうこともあって、あっちこっちの編集部に知り合いがいっぱいいるし、いろんな情報が入ってくるわけ。

この日記を書き始めたころ、編集者の人の方がよく見てくれたみたいですよ(笑)。


応援してくれる編集者を持つこと。

期待に応えること。

それができれば、仕事のはばも広くなるし、リピーターも増えるでしょ!。


あっちこっち、手当たり次第に、営業にいくことないョ。

絵本編集者がただの人になったら
posted by ジェイン at 15:00| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

一人で三次会

オープニングパーティの後二次会を終わったころ、時間を見計らったようなタイミングで友だちから電話・・みんなと別れた後、銀座博品館(おもちゃ屋さん)近くのクラブに行きました。

先日も、ここのママから胡蝶ランをいっぱいもらって、家で大切に世話してるんです。


また、睡眠不足。

バートックでうとうとしてます。

posted by ジェイン at 23:53| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

素性のわからない人たち

「ジェインさんの知り合いの人に、いっぱいアドバイスしてもらったので、作品作り直してきました・・」

よくよく聞くと、ジェインの知り合いじゃなくて、ギャラリーのお客さん?。

「ほんとによくあるけど、バートックに来た人だからといって、ジェインの友人ということはありません」

おとといだっけ、日記にも書いたけど、勧誘や営業目的で作品に対する意見?を言う人もいるだろうし、無責任に批評する人もいるかもしれませえん(・・いますよね)。

これはバートックのことだっけてことじゃなくて、日常茶飯事にあることです。


ジェインの知り合いって聞いても、怪しそうな人だったら、わたしに確かめてね。


素性のはっきりしない人、無責任な素人の意見はほどほどに。

(ついつい甘い言葉をかけてくれる人を信じたくなっちゃうでしょ!、わたしの理解者だなんて(笑))

「でも、ソレ、現実のこと」



良いことダメなところを、豊かな経験をもとにアドバイスしてくれる人がいいと思うよ。


社会で働いた人たちだったら、すぐに分かると思うんだけど?。

学校出て、ずっとバイトばかりしてたら、見極めは難しいかも。


でも、がんばって・・
posted by ジェイン at 11:03| 東京 🌁| ギャラリー出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

信用できないことが多い

中国製のギョーザ中毒事件で、わたしに取材がいっぱいきたって話したよね!。

有機リン系殺虫剤メタミドホスは、日本にはでまわってないから、中国で混入したと警視庁は発表したんだ。でも中国政府は、日本国内で混入したって言い張ってたワケ。

そしたらきょう中国国内で売ってた餃子で、中毒症状を起こした人がでたってニュースが流れたから、やっぱりっていうか・・、最初からわかりきってたこと。

国がこういう嘘の情報言ってちゃ、しょうがないでしょ。

ミッキーマウスのにせものをオリンピック会場の近くにどうどうと出現させるニュースみても、『わからない人たちには、何を言っても通じない』でしょ!。

イラストの仕事してる人たちでも、めちゃくちゃ信用なくすこと平気でやってるけど、これはイカンよね!。


おせっかいジェインだから、「ダメよ」なんて注意するんだけど、これが疲れるんだぁ。

感謝されるわけでもないことなのに(そういうつもりで言ってないからね)


それをまわりで見てる人たちが、とってもやさしい人なんて思って、身の上相談してくるんだけど、ワッシャ(わたしのこと)、おせっかいなだけ。


先日ウナギ業者の方と仕事したんだけど、中国の養殖ウナギは薬をたくさん使ってるので、食べちゃだめって・・。

狭いとこでたくさんのウナギ育ててるから、病気になりやすいんだ。病気予防に、いっぱい薬使うでしょ。

あきらかに国産ってわかるもの以外は、口にしたくないワケょ。

そんなこと言ってたら、口に入るもの少なくなっちゃうでしょ。


日本でも、養殖フグで薬使ってるって話だから、大好きなフグも食べなくなっちゃった。

天然もの食べればいいのかもしれないけど、とっても高価だし、養殖と見分けがつかないから〜。切り身になったら、見分けつかないもん。

信用失ったら、見向きもされないでしょ!。


どんな商売にもいえるけど、信用なくして商いはできないょ。


posted by ジェイン at 14:16| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

睡眠時間2時間

ジェインの一日の睡眠時間『2時間』は、身内では定着済み。

2・3時間しか寝ないって、信じられないよね。

あの「ナポレオンの睡眠時間3時間」は有名です。お昼寝してたってことだけど。

諸説によると8時間プラスお昼寝って説もあるみたい!。

エジソンも睡眠時間短かったんだって・・


ジェインは眠りが深いので2時間で起きれちゃうよょょ。

だからバートックにいるときは、いつも眠いの(笑)。



「ジェインさん・・、そろそろ起きて〜」

バートックでは、ほとんど寝てルル。



posted by ジェイン at 12:00| 東京 🌁| ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

ジェインのパソコン

ジェインは、どっちかというとパソコンが苦手。

それでってわけじゃないけど、ノートパソコンの上に圧力かけちゃったみたいで、モニターの液晶にヒビがはいったの〜。

液漏れはしなかったんだけど、もう使えないでしょ。

それでDellのノートを一台買ったってわけ。

希望はナショナルのレッツノートってB5のモバイルパソコンだったんだけど。

値段が2倍くらいちがうでしょ。

会社の人がこっちにしてくれって言ったの。



壊しちゃうのと苦手なのって違うよね。

そこんとこの区別はついてんの。


新しいパソコン、だいたい満足。

ハナコって名前。

どこにでもある古臭い名前でしょ・・

全国のハナコさん、ごめんなさい。


パソコンにハナコって名前つけるのが古いって思っただけ〜。


以前、パソコンの部品注文したら3週間ちかくほったらかしにされちゃって・・。

大連の中国人スタッフがいい加減だったんだもの。

「もう、絶対買うもんか」なんて思ったけど、最近日本人スタッフに代わったのかしら。

以前のように、対応すばやいよ。

値段が第一で2番目が性能、3番目がデザインかなぁ


今、雷すごいでしょ。

だからパソコンに強烈な電流流れたたら、怖いんだけど・・


そうそうノートだから、ACコードつなげなきゃいいんだよね。

posted by ジェイン at 17:27| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

作家を探してルル

バートックで販売している絵の価格は、5万円から30万円ぐらいです。

『手頃』でお客さんには買いやすく、こちらで売りやすい価格帯です。

あまり大きな作品は扱えないので、自然にこんな感じになりました(資金力が乏しいってこともあるけど)。

これから2年くらいかけて50万円くらいの作品を中心に取り扱うのが目標。

これまで20人くらいの作家の人に会ったけど、「この作品・この人」ってのに出合えてません。

候補の方はいるんだけど、最近の作品が、うちで売りたいってのと違ったりして、なかなか難しいんです。


自信もって売り込みに来てくれる人もいるけど、他の画廊で売ってる絵を、新たにバートックから売ろうって気も起こらないし〜。

売るためのセールスポイントも欲しいでしょ。いままでにない技法で描きあげてるとか、表現方法・題材がおもしろいとか、新しさも欲しかったりして。

できたら新人で、ずっと絵を描き続けること。途中で投げ出したらシャレにならないでしょ。

絵も耐久性のあるもので描いてあるとか、壊れやすいものは困るしね。

いろいろ条件あげて考えちゃうから、うちみたいなちっちゃな画廊でも、自然とハードルは上がっちゃうぅぅ(泣)。


すごく頭が痛いことだけど、この問題解決しなくっちゃ、バートックも先に進めないなぁ。

絵本塾と紙芝居塾がもりあがってるので、ここいらで画廊の仕事もがんばるぞぃ!。


posted by ジェイン at 15:42| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

赤塚不二夫

赤塚先生がお亡くなりになったニュースがかけめぐっています。

ジェインは『菜っ葉料理健康法』って本で、表紙をお願いしました。

赤塚ファンのただのミーハー娘だったわけですが、発売から1〜2ヶ月で、15万部くらい売れました。

気さくに仕事を引き受けてくれたのがうれしかったです!。

ジェインは才能があって、想像を超えた面白さがある人が大好き!。

わたしにないものだからですね。

posted by ジェイン at 11:00| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月03日

9月に出版記念パーティ

すんごごごご〜く体が疲れてるみたい、このわたし、ジェイン。

日本橋三越でやってた英人さん展覧会後の打ち上げ行くことになってたけど、ぶっ倒れてたので、行けずじまい。

この日は、他にも予定が2つあったのに欠席・・

みなさんすみません。


【花ことば】展では、茂代さんにギャラリーのこと頼んじゃったり、やよいさんにいっぱいマッサージしてもらったり、体力の回復に努めました。



仕事もいそがしいってことあるけど、他にも不安なことが?。

実は、もう「絵本作家になりたい!」の出版記念のお祝いやってもらったんだけど、9月の初めにもう一度??「絵本作家になりたい!」の出版記念パーティをしていただけることになったんです。

6月のパーティも、ジェインの予想外のことだったんだけど、9月のこと7月初めに聞いたとき戸惑いました。

だって、人が来てくれるかって心配です。

わたしもいままで一度も経験無いし。

(未知の領域なんです)


場所の下調べほか準備がたくさんあります。これがけっこう大変みたいです。


先日、会場を抑えたみたいだけど、ますます不安になりました。

「会場にジェインと幹事、先生方数人だけだったらって、シャレにもならないでしょ」


幹事のTさんとジェイン、その場に居合わせたぶ〜ちゃん夫妻と票読み(出席者の数)なんかしちゃいました。

これも肩こりの原因かも。


『出版記念パーティ』ってどういうのか、ジェインには未だにわからないけど、肩こりの原因つくってのだけは、確かです。


posted by ジェイン at 10:04| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

本のこと書くね(15) ギャラリーに来たそのヒト?

つい最近の出来事なんだけど・・


「いい作品ですね〜」

「あぁ、こちらもいい作品ですね〜」

「これも、・・・」なんてみんなをほめちぎってたお客さんがいて、

そのうち、「うちの本に広告だしませんか」なんちゃって、大きな声で営業しだしたので、わたしが「他のお客さんにも迷惑かかるので、止めてください」って、注意したんです。

だいぶ業績が落ち込んできてるウワサは、みみにしてた出版社。

危なくなった出版社って、次々に本を出すところもあるんです。

それで食いつなごうって、最後の手段になってくんだけど。

(さっきの件の編集&営業のヒトがそうだとは言ってないよ!)


苦しくなると、お金を回転させるために本どんどんだすのは、出版社や取次店との仕組みなんかも関係するんだけど・・。



とにかく、展示者お構いなしで営業する人たちは、気をつけることです(笑)。


posted by ジェイン at 07:01| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

本のこと書くね(14)

本っていえば、以前は表紙や中のレイアウトかっこよかったのに、最近ダサイデザインだって思う雑誌なんかありませんか。

その辺の事情をさぐってみたら、制作費の削減なんて、出版社の戦略もあるみたい。

読者があまり気にしないなら、少し落ちるデザイナーに仕事たので、安く作ろうってのも、見え隠れしちゃったり(笑)。

本・雑誌が売れなくなってる現状では、しかたないかもしれないけど、カッコいい仕事する人少なくなったような気が・・・。

雑誌の表紙みても、かっこいいデザイン少なくなっちゃったね!。
posted by ジェイン at 20:49| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月31日

受取り方いろいろ

ここで問題なのが、ジェインが話したことに対する受取り方がいろいろだってこと。

ジェインの文章が下手だってことより、各々の考え方・環境・年齢などによって、受取り方が違ってしまうってことです。

難しいこといってるわけじゃないんです。たとえば塾のいスケジュールをお知らせししても、自分の解釈で日程を変更して記憶してたり(汗)。

思い込みが激しいってことかなぁ?。

日にち・時間が決まってたら、それしかないはず。

でも、そこに自分の予定を勝手に付け加えちゃうから・・もうめちゃくちゃ。


仕事の打ち合わせをしっかりしたはずなのに、打ち合わせ通りにできない・してこないのも、同じこと。

仕事してる人もしてない人も多いんだなぁ〜。

仕事に対する責任っていうか、まだ自立してないんだね。

posted by ジェイン at 16:35| 東京 🌁| 絵本塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

日記はノンフィクションで・・。

ジェインの日記に、いろんなこと書くでしょ。

わたしはタレントじゃないから、きょうはこれしましたって書いたって、興味なんかないはず。

だから業界の話や絵本塾の話なんか、よくテーマに日記書く訳デス・・。


いそがしさにかまけて、、最近まで日記は休みがちだったけど、新期の絵本塾・紙芝居塾が始まったので、再開してるんですょ。

それでもって、あの話は誰のこと書いているの?とか、あの人のことですか?なんて質問やメールたくさん来ちゃうんだけど。

そこに興味もつ人もいるみたいだけど、週刊誌のりじゃこまっちゃう。

特定の人をターゲットにして書いてるわけでもないんです。

かといって、フィクションじゃないけど・・。

二つくらいのできごとをひとつにまとめて書くってこともあります。


いろんなことが絶えずあって、ジェインが気になる出来事を、いままでの経験から「こんなときは、だいたいこういうことだよ!」なんて、アドバイスしてるわけ・・。

基本は、絵本塾と紙芝居塾生にむけて書いてるので、一般には、あてはまらないこともあるかも・・デス(笑)。
posted by ジェイン at 23:34| 東京 🌁| 絵本塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月29日

絵本と紙芝居、いっしょがいいの?

26日は、紙芝居塾と絵本塾が一緒の日の同じ時間だったでしょ!。その後、合同の飲み会なんかもあって。

みなさん、前期の人たちの情報も聞いてるみたいです。交流会もやって欲しいって希望をたくさん聞いています。

日程はほぼ決まってるけど、機会があったらできるように調整したいと思います。
posted by ジェイン at 07:21| 東京 🌁| 絵本塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。